Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/okawakagu/okawakagu.com/public_html/sty/wp/wp-includes/class-wp-hook.php on line 308
我が家も北側の部屋にタンス置いてます!! | お子様の安心を五感で感じる安心・安全の国産家具「ステイ」

香り・手触り・木目 家族の生活を豊かにしてくれる
五感で感じる安心・安全の国産家具。

STYの最新情報をお届けします!

2019/04/24 11:56

我が家も北側の部屋にタンス置いてます!!

我が家は賃貸ですが、築年数が古い為、当然窓ガラスは昔ながらのサッシです。

で、北側に部屋がありますが、湿気がすごいです(;^ω^)

結露写真
もちろん、北側を寝室にすると、寝ている間に体から水分が放出されているので、

更に結露やカビの原因になると思い、物置とかしてます。



で、お仕事に行っていると、平日はやっぱり風通しが出来なくて、

カビが・・・・・(-_-;)

我が家もカビ対策に悩まされています・・・。

6月が梅雨時でカビが多いと私も思っておりましたが、

むしろ冬場の結露によるカビの方がすごかったです(+o+)

外気温と室内の温度差が激しすぎて、大量の結露!!

しかも寒いから、窓も開けないし、朝はバタバタしていて、窓に付いた結露を拭く暇もないし・・・

おかげで、部屋中カビだらけになってしまいました(-_-;)

気付いたらタンスの中にまでカビ!!!!!!

洋服は洗濯で対応。(洗濯でも無理な物は泣く泣く処分)

家具のカビですが、プリントで仕上げてある所は拭けば取れます。

引出しを出して、拭いて天日干し。

しかし、無垢の桐材が取れない!!

まずは水拭き・・・(カビを広げない様に注意)。黒いシミとなってしまいました(-_-;)

これは取れません。水拭きだけでは気になるので、アルコールで拭いて

天日で乾燥しました。

黒いシミは、自分ではどうする事も出来ません。

近くの工場で聞いてみたら、桐を漂白する薬剤があるらしく、

「それを吹きかけるとすぐに取れるよ」との事、そんな引き出し全部持って行く事も出来ないので諦めました(-_-;)

そんなこんなでカビ対策に追われ、カビが生えない様に予防を毎日必死で行っております。


【自作対策】
①タンスの後ろは空間をあけて、すのこを背板に挟む
②扇風機で室内の空気を動かかす。
 我が家のタンスは脚付で、下に空間があるので、足元から扇風機の風を送ると、
 背板の方に抜けてくれるので、ほぼ毎日タイマーで扇風機をかけています(;^ω^)
③除湿器回す。(扇風機と併用)
 目には見えませんが、除湿器をまわすとかなりの水分がとれます(;^ω^)冬場は特に。
 この時は引き出しも少しずつ開けて、タンスの中まで空気が回るようにしていますよ。
④休みの時はとにかく換気!!!



と、この様にカビ対策しております。

カビが生えた時の片付けの方が大変だったので、欠かせません(;^ω^)

乾燥材も置くのも効果ありですが、すぐに水が溜まってしまうので、

取替を忘れたらそれもまたカビの原因です。お気を付けください(-_-;)



【注意】
私はアルコールでタンスを拭いたのですが、物によっては表面の塗装が剥げたり

変色したりするので、ご注意ください。

桐の黒ずみは素人では取れません(+o+)!!!


木も生きてますので、乾燥しすぎると割れたり反りの原因にもなりますので、

そこも注意が必要です(;^ω^)





換気、除湿あるのみです!!!

カビも生えない薬剤だらけの部屋に住むわけにもいかないので、

忙しいですが、皆様頑張りましょう(;^ω^)


毎日がカビ対策のNでした(>_<)

結露しない新築に住みたいなぁ・・・(-_-;)

ニュース一覧へ

探す

キーワード検索
カテゴリー検索
Sty基準で検索

ブログ


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/okawakagu/okawakagu.com/public_html/sty/wp/wp-includes/class-wp-hook.php on line 308

家具のマメ知識


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/okawakagu/okawakagu.com/public_html/sty/wp/wp-includes/class-wp-hook.php on line 308
2019/11/27

ニュース


Warning: Parameter 2 to qtranxf_postsFilter() expected to be a reference, value given in /home/okawakagu/okawakagu.com/public_html/sty/wp/wp-includes/class-wp-hook.php on line 308
2019/08/19
登録 削除

カレンダー

STY NEWS
STYの最新情報をお届けします!
2019/04/24 11:56
我が家も北側の部屋にタンス置いてます!!

我が家は賃貸ですが、築年数が古い為、当然窓ガラスは昔ながらのサッシです。

で、北側に部屋がありますが、湿気がすごいです(;^ω^)

結露写真
もちろん、北側を寝室にすると、寝ている間に体から水分が放出されているので、

更に結露やカビの原因になると思い、物置とかしてます。



で、お仕事に行っていると、平日はやっぱり風通しが出来なくて、

カビが・・・・・(-_-;)

我が家もカビ対策に悩まされています・・・。

6月が梅雨時でカビが多いと私も思っておりましたが、

むしろ冬場の結露によるカビの方がすごかったです(+o+)

外気温と室内の温度差が激しすぎて、大量の結露!!

しかも寒いから、窓も開けないし、朝はバタバタしていて、窓に付いた結露を拭く暇もないし・・・

おかげで、部屋中カビだらけになってしまいました(-_-;)

気付いたらタンスの中にまでカビ!!!!!!

洋服は洗濯で対応。(洗濯でも無理な物は泣く泣く処分)

家具のカビですが、プリントで仕上げてある所は拭けば取れます。

引出しを出して、拭いて天日干し。

しかし、無垢の桐材が取れない!!

まずは水拭き・・・(カビを広げない様に注意)。黒いシミとなってしまいました(-_-;)

これは取れません。水拭きだけでは気になるので、アルコールで拭いて

天日で乾燥しました。

黒いシミは、自分ではどうする事も出来ません。

近くの工場で聞いてみたら、桐を漂白する薬剤があるらしく、

「それを吹きかけるとすぐに取れるよ」との事、そんな引き出し全部持って行く事も出来ないので諦めました(-_-;)

そんなこんなでカビ対策に追われ、カビが生えない様に予防を毎日必死で行っております。


【自作対策】
①タンスの後ろは空間をあけて、すのこを背板に挟む
②扇風機で室内の空気を動かかす。
 我が家のタンスは脚付で、下に空間があるので、足元から扇風機の風を送ると、
 背板の方に抜けてくれるので、ほぼ毎日タイマーで扇風機をかけています(;^ω^)
③除湿器回す。(扇風機と併用)
 目には見えませんが、除湿器をまわすとかなりの水分がとれます(;^ω^)冬場は特に。
 この時は引き出しも少しずつ開けて、タンスの中まで空気が回るようにしていますよ。
④休みの時はとにかく換気!!!



と、この様にカビ対策しております。

カビが生えた時の片付けの方が大変だったので、欠かせません(;^ω^)

乾燥材も置くのも効果ありですが、すぐに水が溜まってしまうので、

取替を忘れたらそれもまたカビの原因です。お気を付けください(-_-;)



【注意】
私はアルコールでタンスを拭いたのですが、物によっては表面の塗装が剥げたり

変色したりするので、ご注意ください。

桐の黒ずみは素人では取れません(+o+)!!!


木も生きてますので、乾燥しすぎると割れたり反りの原因にもなりますので、

そこも注意が必要です(;^ω^)





換気、除湿あるのみです!!!

カビも生えない薬剤だらけの部屋に住むわけにもいかないので、

忙しいですが、皆様頑張りましょう(;^ω^)


毎日がカビ対策のNでした(>_<)

結露しない新築に住みたいなぁ・・・(-_-;)

ご注文の前に

登録 削除